深刻な半導体不足の悪影響は国民生活にも

8/13 半導体は「産業のコメ」と言われてきたが、その言葉の意味を今ほど実感できたことはないだろう。コロナ禍のもとで生じた半導体不足は、多くの製品の供給を滞らせ、また国民の生活にもその悪影響は幅広く及んできている。…

ダークモードにしても電池はそれほど節約できない〜パーデュー大学調査

2021年8月1日 スマートフォンのディスプレイを「ダークモード」に設定すると電力消費量が減り、バッテリーが長持ちするというのが一般的な認識です。 しかし米パーデュー大学の調査から、ダークモードにして大幅に電力消費量が減るのは特定の場合に限定され、日常的な使い方ではライトモードからダークモードに変えても、電池の持ちはさほど変わらないことが判明しました。 OLED搭載スマホで実験 一般にダークモードは目に優しく、また場合によっては電池が長持ちするといわれています。 米パーデュー大学の研究者らは、有機EL(OLED)ディスプレイを搭載したスマートフォン4台(Google…

テスラは、チップ不足を乗り切るために独自のソフトウェアを書き直しました

2021-07-28 テスラは、代替チップの料金に対応するために車両ソフトウェアを書き直すことで、世界的なチップ不足を乗り越えています 、CEOのElon…

IntelがGlobalFoundriesを300億ドルで買収する交渉中:レポート

Published by IT Info on July 16, 2021 <ahref="https:…

TSMCのチップ水冷の研究の理由

2021/07/14 TSMCがVLSIシンポジウムでチップ自体を直接水冷をする技術について講演を行いました。 TSMC…

半導体不足と初代MacことMacintosh 128Kと薔薇の名前

2021年07月08日 デジタルの世界を支える半導体業界には「シリコンサイクル」というものがある。だいたい4年周期のチップの価格や景気の大きな変動のことで、うまく乗れない自転車のハンドルのような感じでグラグラと安定しない。需給バランスが難しい世界なのだ。 そして、いま世界的な半導体不足が製造業にまで深刻な影響を与えている。自動車業界が大きな打撃を受けていると報じられているし、コンピューターメーカーは部品を調達できたところが好業績だとされる。この状況を招いた理由として、次の2つがニュースなどではあげられる。 「家電やIoT機器など身の回りのものにチップがたくさん使われるようになった」 「コロナ禍のリモートワークやオンラインサービスがそれに追い打ちをかけた」 しかし、MITテクノロジーレビューの記事を読んでいたら、理由は、もう少し構造的だという見立てだそうだ。 MITテクノロジーレビュー日本版…

2020年から2027年までの携帯電話振動モーター市場の新しい戦略的分析とプロファイリングキープレーヤー-FimecMotor、Asmo、Mabuchi、Denso、Mitsuba、Sinano、Minebea、Mitcumi

5月 20, 2021 携帯電話の振動モーターの市場規模、状況、成長および予測2021-2027に関するグローバルレポート。 その広大な保管所への「グローバル携帯電話振動モーター市場調査レポート、2021年」というタイトルのレポート。レポートは、携帯電話の振動モーター市場を評価し、機会を強調し、戦略的および戦術的な意思決定をサポートするための独自のツールを提供します。このレポートは、この急速に進化し競争の激しい環境では、最新のマーケティング情報がパフォーマンスを監視し、成長と収益性に関する重要な決定を行うために不可欠であることを認識しています。新興技術と開発を特定するためのトレンドに関する情報を提供し、市場の能力と携帯電話の振動モーター業界の構造の変化に焦点を当てています。 リンクをクリックして、レポートの無料サンプルコピーを入手してください:(フラット30%割引) https://www.theresearchinsights.com/request_sample.php?id=400555&mode=ady 調査レポートは、読者に国際産業の概要を提供するだけでなく、いくつかの国や地域の地域市場の詳細な評価も提供します。市場開発の歴史、世界の携帯電話振動モーター市場の主要な開発動向、製品と技術の開発、ベンダーの展望、有望な国と地域などの側面は、このレポートに加えて含まれていますさまざまな地域セグメントの比較分析評価。 トップ企業:  …

日本TI、高速性と高精度を両立させるSAR ADC「ADC3660ファミリ」を発表

2021/06/10 日本テキサス・インスツルメンツ(日本TI)は、産業機器を中心としたリアルタイム制御が要求される高速なデジタル制御ループに対応しつつ、高精度なデータ収集を可能とする逐次比較型(SAR)A/Dコンバータ(ADC)「ADC3660ファミリ」を発表した。 同ファミリは14/16/18ビットの分解能と10~125MSpsのサンプリング速度で8製品が提供される。例えば、14ビットの125MSps、デュアルチャネル品「ADC3664」の場合、1クロック(8ns)のADCレイテンシを実現できると同社では説明しており、ファミリ全体としては、同等速度の競合製品と比較してレイテンシを最大80%短縮できるとしている。 …

線形振動モーター市場セグメントと地域はより速いペースで成長します

7日 ago 線形振動モーター市場レポートは、本質的な市場のダイナミクスと成長を誘発する要因を考慮して、成長率と市場価値を調べています。…

コントローラの振動では物足りない? 産業用モーターで試してみた動画が話題に

2021年3月1日 フォースフィードバック(振動)は、ゲームをプレイする上で没入感を高める重要な要素の1つだ。しかしコントローラのサイズの制限から、強力な振動を得ることは不可能で、ゲーム内容によっては、微弱の振動では物足りないと思われるゲーマーもいることだろう。 YouTuberのTeenenggrことJatin…